大規模修繕を早めにすべき|建物の塗装が落ちていたら危険信号

女性

フロン法が変わった

メンズ

2015年に改正されたフロン法では規制対象の範囲が広がったので、管理している人は気をつけてください。機器によって点検回数が異なるので、どのくらいの頻度で点検をしないといけないのか確認しておきましょう。

» 詳細へ

塗装落ちには注意

男性たち

会社の外壁塗装が落ちてきているのであれば大規模修繕が必要です。塗装の塗り替えの目安としては10年前後になりますが、普段気にしない部分ですし塗装が落ちていても徐々に落ちていくので変化に気づきにくいものです。また、気づいていても仕事などで忙しくそこまで手が回らないこともあるでしょう。しかし、塗装の大規模修繕をしないと後々後悔することになりかねません。まず、塗装はどんな材料を使っても落ちるものです。色んなビルなどを見ればどんな建物で塗装が落ちていることに気づきます。この塗装はキレイな建物に見せるだけではなく、雨や強風など外からの刺激から建物を守る役目も果たしているのです。
塗装が落ちてしまうと防水効果が薄くなってしまい雨漏りなどの原因にもなりますし、外壁の内部に使われている木が腐れて壁が壊れることも少なくありません。また、コンクリートの強度が落ちる原因にもなります。ひび割れや気が腐れてしまうと後から塗装しても建物の強度は変わりません。塗装とは別に補強する必要が出て、余計な出費になります。なので、塗り替えの時期は10年の目安ですが、気づいたらなるべく早めに塗装の大規模修繕をしましょう。修繕を請け負っている業者は多くあるので、安心して任せられるところに依頼することが大事といえます。利用の際にはまず相談してみたほうがいいでしょう。業者によってはサイト上に相談室を設けていることもあります。企業が依頼する際に必要なことや、どれくらいの費用がかかってしまうのかなど数字として必要なことを事細かに聞くことができます。

防水の方法

男性作業員

防水の改修工事をするときには、改修する場所にはどのような材質が使われているか確認しましょう。材質によって、使える材料や方法が異なってきます。また、材料や方法によってどれくらい防水できるのかも変わってくるので、埼玉の業者へ確認してください。

» 詳細へ

電気代削減

男性作業員

電力会社を賢く選ぶことで電気代のコスト削減ができます。以前は地元の1社としか契約できなかったですが、電力自由化によってさまざまな会社と契約できるようになりました。

» 詳細へ