大規模修繕を早めにすべき|建物の塗装が落ちていたら危険信号

男女

フロン法が変わった

メンズ

2015年の春にフロン法が改正されているのはご存知でしょうか。まず法律名が変更したのですが、新名称の通称がフロン排出抑制法という名前です。変更されている部分ですが、以前だと廃却するときだけの法律でしたが、使用方法と使用中の管理方法にまで改正されています。フロンを利用している人であればフロンを製造している法人だけでなくフロンを利用している機器を再利用する法人も規制の対象になるのです。
規制対象となるのが、例えば、スーパーやコンビニなどであれば製氷機やエアコン、業務用冷蔵庫などです。レストランや飲食店であれば、ビールサーバーや自動販売機、アイスクリームを作る機械などです。学校や病院であれば冷水機も含まれます。個人で利用する車やエアコンなどにもフロンが利用されていますが、フロン排出抑制法ではなく家電リサイクル法や自動車リサイクル法で規制されています。対象となっている機器を利用しているのであれば、壊れてしまう可能性のある場所や置き方に気をつけて設置してください。業務用の冷凍空調機を利用していた場合、3か月に1回は簡易点検することが定められているので定期的に点検を行いましょう。利用している法人が多い冷蔵庫や冷凍庫は少なくとも1年に1回となっています。専門の業者へ点検をしてもらえば書類を受け取ることになるので、しっかりとその書類は保管してください。点検をしないことで重大な事故につながるので、定期的に点検をしましょう。